デイサービス 派遣看護師

一般病棟とがん専門病院の違いは?

私ががんセンターに転職した当初は、一般病棟との違いがとても多い事にとても戸惑いました。
一般病棟とがん専門病院の違いは、実に沢山あります。

 

がん専門病院の場合は、名前の通り、専門のドクターが、専門性の高い、高度な治療を行います。
がんの方であれば、専門病院を選んだほうが、的確な治療を受ける事ができると思います。

 

私が働いているのは緩和ケアですが、がんセンターにも、安楽な最期を迎えるようにサポートする病棟以外に、
抗がん剤を使用したり、オペをするなど、積極的に治療をしている病棟もあります。

 

1つ言える事があるんですが、
一般病院とがん専門病院の一番の大きな違いは、患者さんご本人やご家族が、がんという病名を告知され、
認識した上で、治療を行っている、という点なんです。

 

病気である事を正しく認識した上で、皆さん治療を受けています。
医療というのは、日に日に進歩していますので、たとえがんであっても、
早期発見や早期治療により、治る可能性のある病気に変わってきています。

 

患者さんのご家族にとっては、病気を認識する、という事はとても辛い事だと思います。
私の家族も、実母は難病で介護が必要な状態、それに加え、長女も先天性の病気があるので、
ご家族の気持ちは、とても良くわかります。
私の夫は長女の病気を理解しているので、子煩悩という事もあり、子育ては率先してくれますが、
完璧にすべてを理解できるまでは、なかなか難しいかな、と思います。

 

しかし、効果的な治療をするのには、病気や病状を理解した上で、患者さん本人が選択する事ができるのが、最
適だと思うんです。
がんと聞くだけでとても怖いイメージがありますが、自分の状態を知る事も、治療の1つです。
がん専門病院では、皆さん、病気を認識した上で、治療を受けています。